悪酔いするお酒~炭酸系は注意すべし~

お酒に強くなる、つまり、悪酔いをしたくなければ、飲むお酒の選択を誤らないことです。実は悪酔いしやすいお酒の種類、といったものがあるのです。事前に把握しておけば、悪酔いしてしまう、といったことも十分に避けられます。

では、どんなお酒を飲んでしまうと悪酔いしてしまうのでしょうか?

・炭酸系のお酒を飲むと悪酔いしてしまう可能性あり

炭酸系のお酒ですが、隙で飲んでいる方も多いのではありませんか。たとえばビールには炭酸が含まれていますよね。他にも、サワーやハイボールといったものにも含まれているのです。飲み会では毎回必ず炭酸入りのアルコールを飲んでいる、といった方も多いのではありませんか。

そこで気になってくるのが、なぜ炭酸系のアルコールドリンクは悪酔いしやすいのか、といったことです。

・炭酸入りのアルコールドリンクが悪酔いしやすい理由とは?

胃を活性化させてしまうからです。炭酸によって胃腸が刺激を受けることになります。そうすると胃腸が活発に働き始めるのです。あまり知られていないことかもしれませんが、炭酸ドリンクを飲むと胃酸がたくさん出る、といったこともあるのです。胃が消化しようとやる気満々になってしまいます。

炭酸のアルコールドリンクを飲み続けることで、アルコールの吸収が促進されます。どんどんとアルコールがあなたの身体の中に入り込んでいくのです。血中のアルコール濃度がどんどんと高まり酔いの症状が現れます。さらに肝臓にも負担をかけることになり、アセトアルデヒドも大量に分泌され、二日酔いのような症状があわれてしまうのです。

・炭酸割りのお酒の量はセーブすること

乾杯は必ずビールで行う、といった方もいるかもしれません。そういった場合は仕方ありませんが、長時間炭酸ドリンクを飲み続ける、といったことは避けてください。ある程度、炭酸系のアルコールの飲む量を抑えるのです。そうすることによって、お酒に強くなる事が可能です。

そもそも炭酸割りのお酒はアルコール濃度が低いので平気だと思って、飲み過ぎてしまう方が少なくありません。そのような考え方が、逆に二日酔いなどを強く発生させているのです。

水割りとソーダ割りが選択できる場合には、水割りにしてください。水割りであれば、水で水分の補給もできます。アルコール濃度も確実に引き下げられるので、お酒に強くなる方法としておすすめなんですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ