運動をする子供は身長が伸びやすい!

子供の低身長に悩んでいるのに、運動を一切させていない、といった過程もあるのではありませんか。確かに、今の子供は小学生の時からの塾通いも当たり前です。しかし、身長を伸ばす方法のためには、一定以上の運動も必要とされている事実があります。運動をさせなければ、身長が低いままになってしまうかもしれません。画稿の体育だけの運動では足りませんよ。

今回は、運動と子供の身長の伸びの関係性に迫ります。運動させると何故身長が伸びるのでしょうか。

・運動をすると身長が伸びる理由がこれだ!

運動をすると成長ホルモンといったものが体内に分泌されます。成長ホルモンはその言葉通りに、成長に関わっているホルモンなのです。骨を伸ばしたり丈夫にしたり、筋肉を発達させたり、といったことに関わっています。当然、成長ホルモンの分泌が少なくなってしまうと、身長も伸びません。

運動を行うと筋肉などが刺激を受けます。そして発達させよう、といった作用が働くのです。その結果、身長が伸びやすくなります。定期的に運動をしてない子供の身長は低くなりがちなので、何も運動をしていないようであれば、定期的に体を動かすようにしてみましょう。何日頭の運動クラブに入れて、週に1回から2回は強制的にでも運動するようにさせるのも一つの方法です。

・どんな運動をすると身長が伸びるんだろう

有酸素運動でも無酸素運動でも構わないとされています。身体を動かすこと事態が成長ホルモンによい作用を与えてくれることが分かっているのです。ただし、注意してもらわなければならない運動もあります。

あまりにきついハードな運動は身長を伸ばす方法のために行うことを考えると適していません。たとえば、身体のエネルギーを運動が殆ど使ってしまうようなものです。10キロや20キロ走るようなマラソンに近いような運動はいけません。身長を伸ばすために使われるべき栄養素が、運動のエネルギーの消費されてしまいます。

筋トレのようなものも一般的なものであればよいです。しかし、10キロや20キロといった重いダンベルを使った運動は骨や関節に負担をかけてしまうので良くありません。体操選手のように、関節に強い衝撃が加わると、低身長の原因となってしまうこともありえるのです。

一般的な運動であれば、させても問題ありません。ちなみに、上下の運動である、バレーやバスケは特に身長を伸ばす効果があるとされています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ